瓦屋根のメリット

瓦屋根のメリットは耐久性・安全性・快適性・経済性・デザイン性です

瓦は、1400年の長きにわたって家屋を守り、日本の気候・風土にもっとも適した屋根材です。

経済性

3種類の屋根材の劣化比較

焼きものは、人類が造った素材の中でもっとも耐久性が高いものといわれます。

自然素材である粘土を1000~1300℃の高温で焼いた瓦は、金属やセメント・プラスチックよりはるかに高い耐久性があり、紫外線による劣化やサビによる腐食はありません。

また、塗装で色を付けないので雨や紫外線による色落ちがありません。そのため他の屋根材に比べメンテナンス費用がほとんどかからず、30年間で約180万円お得になるという試算もあります。

 

瓦は約30cm四方のパーツなので、アンテナやソーラー工事の作業でもし割れてしまっても、1枚から差し替え可能です。

快適性

屋根断熱の熱量(粘土瓦)

板金屋根は厚さ0.4mmで熱も音もほとんど素通しですが、瓦の厚さは20mmで熱や音を遮り家を守り、雨が屋根を叩く音も出ません。

 

瓦は野地板との間に空気層がある工法自体断熱性が高いので、夏は天井裏の温度上昇を抑え、それだけで7~8℃低くなります。冬は日中瓦に蓄えられた熱が、日没後の温度低下を穏やかにしてくれます。

「夏涼しく、冬暖かい」

エコな屋根材です

屋根瓦の場合は、瓦裏面の空間で湿度をコントロールできます

また瓦裏面の空間は水分を放出し「結露」を防ぎ、適切な湿度コントロールが建物自体を長持ちさせることができます。


安全性

瓦は陶器で吸水せず、凍結と融解による損壊に強い品質です。陶器質特有の滑らかさで表面の雨走りがよく、優れた重なり構造で上下の水返し、ジョイント部の固定で雨水の侵入を防ぎ確かな防水性能が認められています。

 

また不燃材料なので防火も安心。近隣の火災の火の粉にも燃えません。

有限会社細谷工業所、屋根修理・雨漏り修理・屋根まわりと雨どい点検・リフォーム・新築屋根工事は年中無休で受け付けています